花ときれいな女性
  • ホーム
  • 低用量ピルは中学生にも処方される?

低用量ピルは中学生にも処方される?

低用量ピルは、避妊をして望まない妊娠を防ぐという目的で使用されることが一般的です。
そのため、前提として、異性との性交渉が多い女性が服用するようなイメージがあるかもしれません。
しかし、実際には、中絶を防ぐという目的の他にも、月経困難症や月経前症候群の症状を緩和したり、生理周期を安定させたりする副効果があります。

同じ年代の女性であっても、生理痛や生理前の症状は個人差が大きいです。
症状が重い場合は、月経困難症や月経前症候群と呼ばれます。
人よって、生理中は寝込んでしまうほどの痛みがあったり、生理前の情緒不安定やひどい頭痛などに悩まされていたりする場合があります。
中学生であっても、例外ではなく、生理痛などにより学業に支障が起きてしまうほど症状が重い場合もあります。
しかし、低用量ピルの内服によってこれらの症状を軽減できます。

また、生理周期がバラバラにになってしまうなどの月経異常の場合にも、低用量ピルが治療薬として選択されることがあります。
月経異常の中には、将来妊娠する能力に影響がある場合もあり、若年であっても安易に放置すべきではありません。
排卵がうまくいっていない場合もあるため、一度病院を受診して、診察してもらうと安心です。
必要な場合には、治療薬として低用量ピルの処方が受けられます。

また、その他にも、女子の場合、受験や試合などの重要なイベントと月経が重なってしまうことで、本来のパフォーマンスが十分に発揮できず、不利益を生じてしまう場合もあります。
そのため、生理予定日をずらすという目的で低用量ピルが使用されることもあります。

原則的に、低用量ピルは医師の指示のもと処方されるものです。
しかし、中学生の女子にとって産婦人科の受診はハードルが高いと感じる場合もあるでしょう。
そういった場合は、思春期外来を設けている総合病院もありますので、そのような窓口を利用してみるのもよいかもしれません。

また、海外においては一般的な低用量ピルの内服ですが、日本においては正しい認知が浸透しているとは言い難いです。
誤った認識によって、内服している女性が傷つけられる場合もあるでしょう。
特に、思春期の中学生女子にとってはそのような誹謗中傷は非常につらいものであると推察されます。

中絶を防ぐという目的以外にも、低用量ピルの利用価値は高いこと、中学生等の若年層においても内服が必要な場合があるということを周知していくことは大切であると言えます。

処女でもピルは服用できるか

結論からいうと、処女であってもピルの内服は可能です。
前述したとおり、月経困難症や月経全症候群の症状を緩和したり、生理周期を安定させたりする目的で低用量ピルを内服する場合があります。
これらの治療を目的として婦人科等で低用量ピルを処方された場合には、処女であってもピルの内服は必要となります。

また、婦人科受診の際、問診で性経験の有無を問う問診があるかと思います。
これは、処方が必要かどうかの診察をする際、性経験の有無によって、内診等の診察方法が変わってくるためです。
そのため、変に隠すことなく、問診は正直に記入するとよいでしょう。

そして、あまり件数としては多くないかもしれませんが、処女の女性が、初体験時の妊娠を防ぐという目的で低用量ピルを内服するということも、もちろん可能です。
妊娠は男女双方の問題ですが、中絶等のリスクを負うのは女性となってしまいます。
低用量ピルは安全性の高い薬ですので、女性が積極的なバースコントロールを行うことは、むしろ望ましいと言えるでしょう。
いずれにせよ、処女であることで、副作用のリスクが増大するなどのデメリットはありませんので、医師の指導のもと、安心して内服を行ってよいでしょう。